相続問題

遺言書

親族間の相続争いを望む人はいませんが、残念ながらそのような紛争は跡を絶ちません。

このような争いを防止するためには、生前に遺言書を作成しておくことが有効です。

しかし、法律で定められた要件を満たしていない遺言は無効になってしまうおそれがあります。

また、良かれと思って書いた遺言の内容が紛争の火種になることもあります。

法律のプロが、将来の紛争を抑止する最適な遺言書の書き方をお教えします。


親族間紛争

相続について親族間で揉めてしまい、もはや話し合いでは解決の糸口が見つからない…。

そのような場合は、家庭裁判所の調停手続を利用することが考えられます。

法律のプロフェッショナルが、相続紛争においてどのような行動をするべきか、どのような主張反論を行うべきか、どのような証拠を揃えるべきか、皆様の紛争解決を手助けします。


各種相続手続

相続人間に争いがない場合でも、相続には様々な複雑かつ専門的な手続がつきまといます。

不動産登記・相続放棄・遺言執行…

 

これまで数多くの相続問題を手がけてきた、弁護士であり司法書士有資格者でもある当事務所の弁護士が、各種手続をスムーズかつ確実に執り行います。

 

また、相続税に詳しい税理士との提携により、相続税問題についても対応いたします。

相続に伴う不動産処分についても、不動産取扱業者との連携で、満足の行く取引を実現いたします。


名称

あさひ法律事務所

ASAHI LAW FIRM

代表弁護士

石井一旭

KAZUAKI ISHII

住所

〒604-8111

京都市中京区

三条通高倉東入ル桝屋町57番地

京都三条ビル2階203号

TEL 075-708-5905
FAX 075-708-5908 
MAIL k.ishii@asahilawfirm.com 
電話受付時間

平日 AM9:00~PM6:00